2011年08月01日

7月 日光 花いちもんめ

敷地面積約4000坪、
関東以北で最大規模を誇るベゴニア園。

2011年7月某日

 うだるような暑さが続くかと思えば、ざあざあと滝のような雨が降る。今夏の旅はとかく天気に嫌われたようだ。鬼怒川で温泉休日を楽しんだ翌日、窓の外はまたあいにくの雨天。小降りと本降りを繰り返す天の気まぐれさに閉口しながら、予定変更で向かった先は鬼怒川温泉から東武鬼怒川線の小佐越駅方面に向かい、鬼怒川有料道路のトンネルを抜けたところにある「日光 花いちもんめ」。2002年にオープンしたこの施設は関東以北で最大規模を誇る日本有数の大ベゴニア園だ。
 車を降り大粒の雨を避けるように小走りで入口へと向かう。受付のある管理棟には土産コーナーも併設され、花にまつわる雑貨や食品をはじめ、地元の特産品が販売されている。気になる施設は受付棟の向こう、大温室とひとまわり小さい小温室が廊下でつながっているようだ。扉を開け一歩、足を踏み入れたとたん、天井から床まで広がる極彩色の景色にまず圧倒されてしまった。 
 聞けば大温室は20m×90mもの広さがあり、小温室内と合わせ約600品種、計5000鉢もの植物が常時栽培されているとのことだ。大温室では花の美しい球根ベゴニアを中心に赤、ピンク、黄色、白などの花々が空調と潅水のシステム化により一年中満開の状態で咲き誇っているのだと言う。中でも圧巻は天井一面から吊り下げられたベゴニアの常識が覆えるハンギングタイプの見事な花鉢と、温室の壁面のひな壇にずらりと並ぶスタンドタイプの球根ベゴニア鉢だ。その壮観な眺めはまさにため息の一言につきる。ハンギングタイプは約800鉢、長いものは2mをゆうに超える。スタンドタイプの球根ベゴニアは常時3,000鉢展示されているらしく、その花の大きさたるや子供の顔ほどもある。まるで花まっさかりの牡丹園のようでもある。想像以上の園の規模と楽園のようなその彩りに外の大雨も忘れてしまった。

52.朝起き窓雨天s.jpg31.おみやげs.jpg
6.A棟館内全景2s.jpg
44.花イメージ08s.jpg
48.花イメージ13s.jpg
7.A棟館内全景s.jpg


鑑賞から花鉢販売、寄せ植え体験まで。
花の魅力にふれる大温室エリア。


 温室は室温15℃以上25℃以下に保たれているため、夏も冬も快適にゆっくり花を観賞できる。大温室の中央には喫茶コーナーも設けられ、頭上一面に広がる球根ベゴニアを仰ぎながらゆったり休憩できるようになっている。一角には、園内で育てた木立ベゴニアやレックスベゴニア、その他四季折々の花鉢(ちょうど訪れたときはダリアだった)や花の雑貨を販売するフラワーショップもあった。自社農場の直売品だと言うリーガスベゴニアなど、様々な種類の品質の良い株が手頃な値段で手に入るとあって、連れはすでに品定めにすでに夢中のようだ。チラシによればここで寄せ植え体験もできるとある。
 花への興味は興味でも、連れとは対照的に花などの写真が趣味の私には見たことのない百花繚乱の風景に気分もやや昂揚ぎみ。ここでは花の他にも美しい鑑賞用の“斑(ふ)入り”の葉を持つベゴニアの種類も豊富だ。流れるプールに花を浮かべたフラワープールでは、咲き誇るペチュニアの花と南国ムードただよう美しい景色に何度もシャッターを切ってしまった。

3.A棟飲食コーナs.jpg1.A棟9年ものs.jpg
56.A棟花鉢販売コーナー.JPG
51.花販売コーナーサボテンs.jpg45.花イメージ09s.jpg
9.A棟池のフラワーアートs.jpg



季節折々のイベントの他、
挙式場も併設された小温室エリア。


 大温室から廊下でつながる小温室内には、ベゴニアにとどまらない旬の花々や高さ5mもあるフラワータワー、4.000株を誇ると言う見事なコチョウランやハンギングタイプの観葉植物などが、まるで巨大な生き物のように並んでいた。中にはきれいに剪定されたトピアリー(樹木や低木を刈り込んで動物をかたどったりする造形物)やサボテン・多肉植物のコーナー、フラワーアレンジメントコーナーなどもある。
 連れが思わず歓声を上げた美しい「ホクシア(フクシア)」の八重咲きも咲いており、自然が創り出す奇跡のようなその造形美に思わず見惚れてしまった。日本名では釣浮草(つりうきそう)と言われるこの花は、南米(一部は中米やポリネシア)の熱帯・亜熱帯が原産。下向きに咲く上品なその姿から“女王様の耳飾り”という形容でも愛されているのだそうだ。

12.B棟イメージs.jpg27.B棟蘭コーナーs.jpg
20.B棟フラワータワーs.jpg14.B棟クマのトピアリーs.jpg
54.廊下フラワーアートアップs.jpg
35.フクシア.jpg

 訪れた時期がちょうど、夏休みということも手伝い、室内にはウサギやヒヨコとふれあえる動物コーナーやぬり絵コーナーが設置され、小さな子供たちが楽しそうに歓声を上げている。傍らには挙式もできる花に囲まれた教会スペースもあった。大温室がゆったりと花を鑑賞するエリアだとしたら、小温室は花や植物と触れあうイベントエリアのようだ。
 小温室に隣接して屋外にはクレマチス園として、大鉢やプランターに植えられたクレマチスが雨に濡れ、一層あでやかな色を見せている。この屋外エリアは5月中旬〜10月上旬にかけて約200種類、600鉢のクレマチスの他、ダリアやポーチュラカなどの花を展示している。10月以降はこれらの花がパンジーやビオラに替わるとのことだ。残念ながらの天気でゆっくりと屋外まで鑑賞できなかったのが心残りだが、次の季節にその楽しみを譲るとしよう。

17.B棟ひよこs.jpg13.B棟ウサギs.jpg
16.B棟ぬりえコーナーs.jpg
29.B棟蘭と教会1s.jpg
33.クレマチス園2s.jpg
34.クレマチス園のイメージs-ポーチュラカ.jpg


花の香りが広がる名物スイーツ
「ベゴニアソフト」。


 ひととおり見終わったあとは大温室に戻り、喫茶コーナーで小休止。ここの名物だと言う「ベゴニアソフト」をいただいてみた。ほんのりとピンク色をしたこのスイーツは、ベゴニアをイメージしてつくったのだと言う。なるほど、確かに口に入れた瞬間、ふわりと上品な花の香りが広がる。甘さは控え目。私たちと同様に、このソフトクリームで小休止(?)中の年配のご夫婦としばし花談義のひととき。外は雨でもここに流れる時間だけはまさに春のようだ。ガラスの屋根に打ちつける雨音に一切の世界が遮断され、より親密でしあわせな気配が満ちている。文字通りの花下遊楽をたっぷり満喫した連れも、穏やかな会話に包まれお目当てのリーガスベゴニアを手に陽だまり顔だ。そういえばいつか目にした広告に“きれいに咲くものを花と呼ぶ”というフレーズがあった。花はその姿をもって古くから人の心の中の“花”を呼び覚ましてきたのかもしれない。そう考えれば、今回の雨も思わぬ収穫なのかもしれない。雨には雨の楽しみ方を見つけて過ごす、そんな旅もまた味わい深いものだ。
 そういえば私たちが訪れた時期、ホテルでは夏休み向けの企画としてちょうど「パイレーツブッフェ」の夕食バイキングを開催していた。会場の装飾やスタッフの衣裳、そして料理も海賊をイメージした楽しい趣向で、多くの家族連れでにぎわいを見せていた。夏は家族の笑顔が満開となる季節。いつの時代にも“花”はしあわせの隣りに咲く、もうひとつの春なのかもしれない。

2.A棟飲食コーナーs.jpg5.A棟飲食コーナーs.jpg
36.ベコニアソフトs.jpg43.花イメージ07s.jpg50.花イメージ15s.jpg55.ビュッフェバイキング装飾s.jpg詳細に続く…


posted by kinugawaaruku at 10:00 | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。